登山バス「毎日あるぺん号」

2020年11月11日改訂

新型コロナウィルス感染拡大防止に関するツアー実施のための対応策とお客様へのお願い
 
 平素より「まいたび」(毎日新聞旅行)をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。ツアーの実施の際には当面の間、以下の感染防止対策を講じた上でツアーを実施させていただきます。 この対応は感染状況により適宜判断させていただきますので、お客様にも感染防止へのご協力をお願い致します。
 
 
1. 乗車前の体調管理を万全にするようお願いします。特にご自宅での検温をお願いします。ご自宅を出発する際に、体温が37.3度以上ある場合は、乗車地への移動をお控えください。
2. 乗車直前の検温は、利用者の9割以上が集中するパレスサイドビル(竹橋)、新宿西口(都庁大型バス駐車場)にて行います。乗車前にぜひお受けください。ご面倒をおかけしますが、ご協力をお願いします。なお、37.3度以上の体温は、当社の産業医から「何らかの感染症に罹患している可能性が高い」と指導を受けております。その場合は、乗車をお断りします。
3. バス車内ではマスクは必ず着用してください。マスクをお持ちでない方は、集合場所での受付時にお渡しします。
4. バス車内での騒がしい会話は、感染防止とお客様の安眠のため厳禁します。飲酒も他のお客様の迷惑になる可能性があり、お控え下さい。
5. バスには手指消毒スプレーを設置します。ご利用ください。
6. 座席2席をお一人で利用するWシートをオプションにて販売します。ただし、乗車当日のご用命はお受けできません。
7. お客様のザックなどは、乗務員の指示のもと、お客様ご自身でバストランクへの収納をお願いします。
8. バス会社には、乗務員の検温と健康チェック、事前の社内消毒、車内換気を要請しております。
9. 各山小屋など宿泊施設では、それぞれが新型コロナウイルス感染予防対策をしております。そのルールに従ってご利用ください。就寝の際に、シュラフやインナーシーツの持参を呼び掛けている山小屋もあります。また、宿泊定員を削減したうえで、完全予約制の山小屋も多くなっています(テント場を含む)。事前にHPなどでご確認ください。予約なしでの縦走登山はトラブルや事故の原因になりかねません。

※上記の項目に限らず、最新の状況に基づき対応策を変更する場合があります。また、山小屋など宿泊施設の定員の変更、立寄り施設の休業などの事情により、ツアー直前の中止や変更をする場合もあります。
※ご自宅や竹橋・新宿の検温で、体温37.3度以上で、乗車をお断りした場合でも、規定のキャンセル料はいただきます。

以上